2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パリでの1枚

フランス一人旅を終えて早半年。


今考えると、英語もろくに話せないのによく一人で
フランスに行ったなぁーと思います。

話したフランス語はボンジュールとメルシィだけ。笑


ま、海外は勢いがあるうちに行っとけー。


さて、写真展でもフランスの写真を何点か出しましたが
中でもお気に入りの1枚がこれ。

パリ


中央に写っている、黒いスーツに帽子をかぶったオシャレなおじいさん。

さすがパリだなーと思わせる1枚。
(日本だったら普通ジャージですぞ・・・)


パリではちょっと郊外にホテル泊まったんですが
バスで市内へ行こうとしていた時。

バス停で待っていると、この写真のおじいさんが登場。


これは撮らねば!と思いおもわずパチリ。


景観を乱さない建物に、おじいさんのスーツがとてもマッチしていました。




スポンサーサイト
[ 2007/11/29 ] フランス | TB(0) | CM(9)

フランス一人旅♪ ⑤

早いものでパリ一人旅から1ヶ月以上が過ぎました。

色んな人に「すごいねぇ!」と言われる度にちょっと
照れくさいのですが。笑

でも一人旅したことで自分に自信がついたのは確かです。
旅は人を大きく成長させるものだなぁと感じました。



さて、パリ2日目の続きです。

オペラ座のゴージャスさに浸りながらもまたパリ散策の続きへ。
この旅で相当歩きまくったのでスニーカーを履いてきて正解でした。
ピンヒールを履いている日本人を見ましたが、あれでよく石畳を
歩けるなぁ~と感心でした。

そういえば汚い格好の人とかジャージ姿の人、全然見なかったなぁ。
みんな小奇麗な格好してましたよー、さすがパリコレの国ですね。


さてここはコンコルド広場。
フランス革命によりあのマリーアントワネットを含む1343人の
貴族達が処刑された場所です。
20070610223646.jpg


20070610223651.jpg

ただの広場なんですが、200年前に起こった事実かと思うと深いものを感じます。
素通りはできませんね。


ここから一直線に延びた道路があの有名なシャンゼリゼ大通り。

そしてその先にはあの凱旋門があります。

凱旋門は1806年にオーステルリッツの戦いの勝利を記念して
ナポレオンが造らせてもの。
当の本人は完成を前に亡くなってますがその権力の偉大さを物語っています。

これが予想以上にデカイ!


20070610223707.jpg


凱旋門の横からの写真。
20070610225453.jpg




凱旋門は上が展望台になっていて登ることが出来ます。
展望台からの眺め。
20070610223717.jpg

ほー、山がない!
エッフェル塔がかすかに見えます。



パリといえばセーヌ川が有名ですね。

眼下に見えるのがかの有名なセーヌ川でございます。
この川相当大きいですよ。
20070610223658.jpg



その近くにあったグラン・パレ。
こちらは1900年のパリ万博のメイン会場として造られたもの。
100年以上建っているのに美しい。
すごいなぁ。

大型の企画展などをやっているそうです。
こんな立派な建物なら催しがあったら見に行きたい!

20070610223640.jpg




この日も相当歩き疲れたのでボチボチホテルに戻ることに。
夜ゴハンの買出しに近所のスーパーへ行くと「こんにちは、お買い物ですか?」と
日本語で声をかけてくる日本人女性が。

久々に聞いた日本語!

今までカタコトの英語で言いたいことの10分の1しか伝えきない
生活をしてきたので、思い切り話せる事が嬉しい。


彼女もまたフランスへ一人旅できていました。
近くのユースホテルに泊まっていて明日帰るとのこと。
スーパーへお土産を買いにきたところで私と遭遇。

お互いフランス話で盛り上がり、健闘を祈りならがスーパーでお別れ。
こんな出会いは嬉しいなぁ。


あともうひとつ嬉しい出来事が。


紛失したはずのスーツーケースがホテルに届いていました!
諦めていたのにラッキー。


さぁて、これからが旅の本番ですね!

[ 2007/06/10 ] フランス | TB(0) | CM(7)

フランス一人旅♪ ④

さて、1日目でだいぶんパリの雰囲気が分かってきたので
この日はパリ市内の有名な観光スポットを見てまわることにしました。

まずはあの有名なルーヴル美術館へ。

例によってまたバスで移動。
相変わらず車内のアナウンスはサッパリわかりませんけど。


このルーヴル美術館は3つの建物からなるコの字型の広大な造り。
それぞれ1F~3Fのフロアがあります。
館内はとてつもなく広いので地図がないと迷います。

この入口のピラミッドは故ミッテラン大統領がグラン・ルーヴル計画(ルーヴル美術館大改造)の
一環として1989年にフランス革命200周年の際に完成したものです。
20070529220853.jpg

古い物と新しい物の融合。
今ではすっかり美術館の顔になってますね。


こちらもルーヴル美術館です。
20070529231520.jpg




これはミケランジェロ作の「ミロのヴィーナス」
20070529220857.jpg

教科書に載ってるやつですね。

ルーヴルはちょっと厳しくて有名な美術品の写真撮影は禁止されていました。
知らずに写真を撮っている人がいたけど、職員が血相変えて怒ってました。

あのモナリザの絵も見てきましたよ~(写真は撮れなかったけど)
これが一番厳重でガラスケースに覆われている上に警備員が3人いました。
すごい貴重な美術品なんでしょうね。

こちらは「サモトラケのニケ」(真ん中の彫刻です)
私は知りませんが、人が殺到してたので多分有名な作品です。
まぁ、写真が小さいのはお許しを。笑
20070529223455.jpg


こちらは館内の様子
20070529223303.jpg


すごく天井が高くて広いです。
20070529231540.jpg




ルーヴル美術館を堪能したあとは庶民的なカフェでランチ。
パンがすごく美味しかったです♪

続いてランチの後はパッサージュ(日本でいうアーケード)を散歩。
雨の日、寒い日でも気持ちよく買い物が出来るようにと19世紀に建てらたそうです。

ため息が出る程美しい建物でした。
20070529221656.jpg


20070529222026.jpg

でもどういうワケか人がいない・・・。

というか、店もほとんどつぶれてるんですけど~(=_=)
こんなにステキなパッサージュでもやはり時代の流れには
勝てないのでしょうか・・・。
大きなショッピングモールが便利ですからねぇ。


さてお次はあの有名なオペラ・ガルニエ。

1875年に完成した通称オペラ座です。
「オペラ座の怪人」の舞台である劇場です。
20070529222356.jpg


入口には怖そうな黒人の警備員が立っていましたが日本人だと分かると
「コニチワ、アリガト」と挨拶されました。
何だイイ人やん。笑

館内はものすごくゴージャス!!これでもかという贅沢な装飾たち。
20070529222402.jpg



パリの芸術や歴史を肌で感じ堪能できたこの時間。
本当に来てよかったとココロから思いました。


まだまだ旅は続きますぞー。



[ 2007/05/29 ] フランス | TB(0) | CM(9)

フランス一人旅♪ ③   

さて、オルセー美術館でたっぷり芸術に浸ったあとは
近くのパリ市街を散策してみることに。


美術館から歩いて5~6分もいけばサンジェルマンデプレに到着。


ここサンジェルマンデプレは有名ブランドや老舗カフェにと色んなお店が
ひしめきあうエリア。
日本でいう東京青山みたいなところとでもいいましょうか。


でもどのお店も似たような石造りでキレイな建物。
大きな看板もなく一目見ただけでは何を売っているのか分かりにくい!
(だいたいウィンドウに商品が置いてあるのでそれを見たら分かるけど)

欧州では買うものがある時だけお店にはいるのが普通。
見るだけ~のひやかしはあまりよくないのです。
なので、まずはお店の顔であるウィンドウで商品や価格をチェックするそうです。

08.jpg


09.jpg



日本でおなじみの無印良品を発見!(何か落ち着く!)

MUJI.jpg



お腹もすいてきたのでパリで初めての食事をとることに。

だいたい店先にメニューの看板があるのですが・・・読めない。
フランス語のメニューは全く読めません。

なのでお惣菜やパン等がウィンドウに並んであるカフェで食べることに。
ボンジュール+指指し+笑顔とメルシィで簡単に買えます。
定員さんから「ボンジュール、マダーム♪」と言われるのが少々照れくさい。笑
マダムだなんて・・・ふふ。

サーモンと野菜のサラダ(オリーブオイルがけ)とパン。
なかなか美味しかった。
CAFE.jpg


お店の雰囲気もかわいかった♪
CAFE2.jpg




このサンジェルマンデプレ付近には有名な教会が2つあります。

ひとつは下記写真のサンジェルマンデプレ教会。
パリで最も古いロマネスク様式の教会。

この内部の造りがスゴイ!残念ながらいい写真が撮れなった・・・(>_<)
02.jpg



こちらはサンシュピルス教会。
チラッと一部しか写ってませんがフランス最大級の聖堂をもつ教会です。
こちらも残念ながら修復中で布がかけられていました(T_T)
内部はとんでもなく天井が高く広い教会でした。
03.jpg



随分歩き回ったのでボチボチホテルに戻ることに。

初めて乗ったメトロも全然平気でした。
ビビっていた手動式のドアも何なくクリア!
メトロの様子は意外とキレイでした。
もっと汚くて暗いイメージがありましたが・・・。
06.jpg


07.jpg


そうだったホテルに着いたものの、荷物がないんだった。
近所の薬局とスーパーへ生活用品を買いに行くことに。
お店の人に適当な英単語とジェスチャーで聞いてみると、どうやら通じたようで
意外と簡単にシャンプーやら石鹸などの生活用品をゲット!

これもいい経験ですね。
長~い1日がようやく終りました。


続きは一人旅2日目へ・・・!




[ 2007/05/19 ] フランス | TB(0) | CM(6)

フランス一人旅♪ ②

さて、今回パリで泊まったホテルはパリの20区にあります。
(パリ市内は1~20の行政区に分けられています)


この20区というのは多くの移民が暮らす地域のようで
ちょっと郊外になりますが値段が安いしなにせ住宅地?なので近所にスーパーや
お店、カフェ、市場などがたくさんありとても便利なところでした。

市内へはメトロ(地下鉄)での移動も可能でしたが
景色を堪能したかったのでバスでパリ市内へ行くことに。


異国の地で乗るバスは面白い!

車内のアナウンスはフランス語なのでサッパリ分からないけど
車窓から見る景色はすごく楽しい♪


パリの建物は統一されたデザインと計画で造られているためすごく美しい。

石でできている為夏は涼しくエアコンなしで過ごせるそうです。


20070513010030.jpg



012.jpg



そんな景色にクギヅケになりながら、目的地の「オルセー美術館」に到着!


このオルセー美術館はもともと駅兼ホテル。
1900年のパリ万国博覧会に合わせて作られたそうです。
その後大掛かりな改装工事により、現在の美術館に生まれ変わりました。

2.jpg



20070513010445.jpg



その収蔵品はスゴイ!

美術に詳しくない私でも見たことある作品がたくさん!
きっと美術に詳しい人ならば泣いて喜ぶシロモノでしょうねー。

しかも普通に展示してあり写真も撮り放題。
オブジェのように飾ってある彫刻もきっとスゴイ作品なんだろうなぁー。


↓ミレーの「落ち穂ひろい」
010.jpg



↓ゴッホの「ゴッホの自画像」
011.jpg



パリの学校では課外授業でよく美術館に行くそうです。

幼い頃から本物の芸術にふれて育つパリっ子達。

この上ない贅沢ですね。



さてさて旅はまだまだ続きます・・・!


[ 2007/05/13 ] フランス | TB(0) | CM(11)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。